2020年03月29日

牡蠣殻トチ

kakigarakiseto-1-1.gif




kakigarakiseto-1-2.gif




kakigarakiseto-1-3.gif







石ハゼ緋色土の素地です。

油揚手黄瀬戸釉を施釉して、高台に割った牡蠣の貝殻を敷き

電気炉で還元からトップ温度で酸化に戻す

電気炉焼成1,230℃








http://ob3.aitai.ne.jp/~kumagai/



お探しの陶芸用原料などありましたら、お気軽にお問い合わせください。
電話 : 0572−63−2206
ファックス : 0572−63−2206
e-mail : kumagai@ob3.aitai.ne.jp



土曜日は通常営業いたします。
日曜日は、留守をする時間帯も多いので、事前にご一報いただけると
助かります。

posted by kuma at 02:52| 岐阜 ☁| Comment(2) | 陶芸情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この石ハゼ緋色土は一度試したのですが、石ナシ緋色土にならないかなー。
Posted by 釉迷人 at 2020年04月04日 00:45


>釉迷人さん
>
>この石ハゼ緋色土は一度試したのですが、石ナシ緋色土にならないかなー。

後から石を入れた土ではなく、こういう原土なので

取り除く事は出来ません。
Posted by kuma at 2020年04月12日 14:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]